EXHIBITION

Second Three-Year Plan / 第二次三カ年計画(2024-2026) Tatekawa Kiyoshiro film collection 38.39

Second Three-Year Plan / 第二次三カ年計画(2024-2026) Tatekawa Kiyoshiro film collection 38.39

この度Feb gallery Tokyoでは、映像作家の立川清志楼による「Second Three-Year Plan / 第二次三カ年計画(2024-2026)- film collection 38.39」のスクリーニングイベントを開催いたします。ひと月に最少5本の新作映像作品を制作すること、つまり年間60本、それを三年間継続するプロジェクト「第一次三カ年計画」が昨年6月に終了し、2024年1月から「第二次三カ年計画」が始動。2月と3月は11作品、合計時間82分44秒の作品が出来上がりました。本イベントでは、シングルスクリーンで新作11本を上映後、立川清志楼がVJとして過去作品をライブでREMIX!作家自ら作品の消費形態の一例を実践します。映像はマルチスクリーンにて上映予定。※4/21(日)19:00-のプログラムは、DJ Tommo とVJ 立川清志楼のライブセッション(それ以外は、立川清志楼によるJAZZのREMIXを使用)その後、作品群を【1GB=¥10,000】の量り売りで販売いたします。 立川清志楼は「第二次三カ年計画」を経て、さらに自身の手によってシステムを独立させ、生産→公開→流通→消費のサイクルを構築し、流動性を高めていくこととなるでしょう。立川清志楼のプロジェクト「第二次三カ年計画」の今後にぜひご注目ください!

Read more →


ナガイセイジとイジマカオル {2024.2.24-3.24}

ナガイセイジとイジマカオル {2024.2.24-3.24}

この度Feb gallery Tokyoでは、永井誠治と伊島薫による合同展「ナガイセイジとイジマカオル」を開催いたします。ここ数年の製作は好きなカタチ(ガラクタや写真など)のイメージを.....Feb gallery Tokyo is pleased to present a two-man exhibition. “Seiji Nagai & Izima Kaoru”For the past few years, a craftsman, Seiji Nagai has been creating one-of-a-kind handmade items by wrapping his favorite forms (junk, photographs, etc) in FRP.....

Read more →


Second Three-Year Plan / 第二次三カ年計画(2024-2026) Tatekawa Kiyoshiro film collection 37

Second Three-Year Plan / 第二次三カ年計画(2024-2026) Tatekawa Kiyoshiro film collection 37

この度Feb gallery Tokyoでは、映像作家の立川清志楼による「Second Three-Year Plan / 第二次三カ年計画(2024-2026)- film collection 37」のスクリーニングイベントを開催いたします。  ひと月に最少5本の新作映像作品を制作すること、つまり年間60本、それを三年間継続するプロジェクト「第一次三カ年計画」が昨年6月に終了し、今月、2024年1月から「第二次三カ年計画」が始動します。1月は6作品、合計時間43分42秒、データ容量9.63GBの作品が出来上がりました。  本イベントでは、シングルスクリーンで新作6本を上映後、立川清志楼がVJとして過去作品をライブでREMIX!作家自ら作品の消費形態の一例を実践します。映像はマルチスクリーンにて上映予定。 ※1/28(日)17:00-のプログラムは、DJ Tommo とVJ 立川清志楼のライブセッション その後、作品群を【1GB=¥10,000】の量り売りで販売いたします。  立川清志楼は「第二次三カ年計画」を経て、さらに自身の手によってシステムを独立させ、生産→公開→流通→消費のサイクルを構築し、流動性を高めていくこととなるでしょう。  立川清志楼のプロジェクト「第二次三カ年計画」の”はじまり”をぜひご刮目ください!

Read more →


Study:大阪関西国際芸術祭 Vol.3/アート&クリエイティブフェア{2023.12.23-12.24}

Study:大阪関西国際芸術祭 Vol.3/アート&クリエイティブフェア{2023.12.23-12.24}

この度Feb gallery Tokyoは「大阪関西国際芸術祭(仮)」の2025年本開催に向けて、アー ト×ヒト×社会の関係性や、アートの可能性を “Studyする(検証し学ぶ)”プレイベント「Study:大阪関西国際芸術祭 Vol.3/アート&クリエイティブフェア」に出展いたします。 出展作家は今年の8月に当ギャラリーで初の大規模な個展を行った映像作家 立川清志楼。 2020年より開始された、ひと月に5本、つまり年間60本×3=180本 の映像作品を制作するプロジェクト「第一次三カ年計画」が本年6月に終了しました。結果として200本の作品ができあがり、16回に渡る上映会が行われました。 立川清志楼にとって、作品の安定的な生産と更なる作品の増産は作家の生命線です。作品の安定的な生産・増産体制を継続的に構築できているか監視し、その報告を受ける主体としての役目を担うギャラリー、という構造のもと、「第一次三カ年計画」全作品の提出と展示を命令しました。 本展では3年間にわたるプロジェクト「第一次三ヵ年計画」の全貌を展示。作家本人による6本のリミックス作品と、200本の映像作品を作品のデータ容量=GBの量り売りで販売いたします。皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

Read more →